学術研究

ZRF学術支援関連報告

日本全国の職域健康診断受診者は、毎年数千万人に上り、労働者の健康増進や有所見率を減らす取り組みが盛んになっております。一方、EBM(根拠に基づく医療)の観点から有効性の検討が不十分のまま、経験的に取り入れられている健診項目や問診項目も多く、これらを疫学的知見から再評価しなおす動きが高まっています。

全日本労働福祉協会では年間約60万人の職域を中心とした健康診断を行っております。2016年4月から、労働者における生活習慣・環境状況と健康状況の関連の検討をすることで健康診断データ上の生活習慣及び職業関連要因を明らかにすることを目的とした学術研究とその支援を開始しています。

共同研究にご興味のある方は学術研究支援事務局までお問い合わせください。

ZRF学術支援関連報告

一般財団法人全日本労働福祉協会
主任研究員 長濱さつ絵

学術研究支援目的

全日本労働福祉協会では2016年4月から、種々の学術研究の支援を行っております。当協会の職域健康診断ビッグデータを解析することで、労働者の生活習慣や環境状況と健康状況との関連を検討し、労働者の健康増進や有所見率を減らす等、職域における健康管理の取り組みに還元することを目的としております。

論 文

課題名 研究者氏名 雑誌名 発行年月 ページ
Sex differences in the association of metabolic syndrome with low back pain among middle-aged Japanese adults: a large-scale cross-sectional study. Yoshimoto T, Ochiai H, Shirasawa T, Nagahama S, Uehara A, Sai S, Kokaze A. Biol Sex Differ 2019
Jul 5
10(1):
33
Association of the combination of weight gain after 20 years of age and current obesity with chronic kidney disease in Japan: a cross-sectional study. Ochiai H, Shirasawa T, Yoshimoto T, Nagahama S, Kobayashi M, Minoura A, Ikeda K, Ozaki E, Hoshino H, Kokaze A. BMJ Open 2019
Jun 21
9(6):
e027752
Haemoglobin A1c and hearing impairment: longitudinal analysis using a large occupational health check-up data of Japan. Nagahama S, Kashino I, Hu H, Nanri A, Kurotani K, Kuwahara K, Dan M, Michikawa T, Akter S, Mizoue T, Murakami Y, Nishiwaki Y BMJ Open 2018
Sep 17
8(9):
e023220
Association between serum lipids and low back pain among a middle-aged Japanese population: a large-scale cross-sectional study. Yoshimoto T, Ochiai H, Shirasawa T, Nagahama S, Kobayashi M, Minoura A, Miki A, Chen Y, Hoshino H, Kokaze A. Lipids Health Dis 2018
Nov 24
17(1):
266
Self-reported eating rate and metabolic syndrome in Japanese people: cross-sectional study. Nagahama S, Kurotani K, Pham NM, Nanri A, Kuwahara K, Dan M, Nishiwaki Y, Mizoue T. J Comp Physiol A Neuroethol Sens Neural Behav Physiol 2016 Nov

[Epub] 2016
Sep 7
202(11):
803-811

学会発表

詳細はこちら

学会参加月 学会名 演題 研究者氏名 抄録 ポスター
2016年
5月24日
第89回
日本産業衛生学会
糖尿病リスクスコアの外的妥当性の検証(職域健康診断データを用いた多目的研究の派生研究 長濱 さつ絵
(一般財団法人全日本労働福祉協会)
2016年
10月16日
第75回
公衆衛生学会
主観的な睡眠による休養とメタボリックリスクとの関連 江口 美穂
(一般財団法人全日本労働福祉協会)
事業所規模別喫煙率の年次推移 門田 英
(一般財団法人全日本労働福祉協会)
2017年
8月19日
第21回
国際疫学会
Five-year changes in smoking prevalence by company size from Japanese occupational health checkup data. 長濱 さつ絵
(一般財団法人全日本労働福祉協会)
2017年
11月1日
第76回
公衆衛生学会
肥満・腹部肥満の組合せと高血圧、脂質異常病、糖尿病との関連 白澤 貴子
(昭和大学医学部公衆衛生学部門)
女性における20歳からの体重増加、現在の肥満と慢性腎臓病の関連 落合 隆裕
(昭和大学医学部公衆衛生学部門)
2018年
2月1日
第28回
日本疫学会学術総会
中年者における血清脂質と腰痛症の関連 吉本 隆彦
(昭和大学医学部公衆衛生学部門)
2018年
3月22日
第88回
日本衛生学会学術総会
慢性腎臓病の関連要因について 落合 隆裕
(昭和大学医学部公衆衛生学部門)
腰痛症の関連要因について 吉本 隆彦
(昭和大学医学部公衆衛生学部門)
2018年
10月24日
第77回
公衆衛生学会
女性におけるALTと慢性腎臓病との関連 落合 隆裕
(昭和大学医学部公衆衛生学部門)
飲酒習慣別、腹部・腹部肥満の組み合わせと高尿酸血症の関連 白澤 貴子
(昭和大学医学部公衆衛生学部門)
職域健康診断の実施機関別有所見率の検討(第2報) 長濱 さつ絵
(一般財団法人全日本労働福祉協会)
2019年
1月30日
第29回
日本疫学会学術総会
腰痛症とメタボリックシンドロームおよびその構成要素の集積と関連 吉本 隆彦
(昭和大学医学部公衆衛生学部門)